一般的な個人向けのパンク修理方法 (他製品の場合)
瞬間パンク修理剤&防止剤

スプレー式

一定の期間はエアー漏れを止められますが、経時変化によりバルブコアー及び、タイヤのインナーライナーの再生は不能となり、せっかくのタイヤが使い捨てとなります。

限られた時間内での転がり運動がないと発泡剤は片寄り、ゴム化してアンバランスになり、走行性に支障をきたします。

プラグ直入式

傷孔を必要以上に大きくしなければならず、修理許容範囲を超えることから、タイヤコードにダメージを与えます。

直接傷孔に挿入するので、プラグ及び、未加硫層を損傷させます。

倍以上に伸びた状態で傷孔に残留するので、走行中のクッション運動により収縮し最悪の場合、離脱する危険性があります。(伸びたゴムは縮むの原理)

プラグ中心に挿入用の孔が空いているため、スチール層によりプラグが傷つけられると、そこからエアー流出を起こします。

挿入深度等に個人差があり、プラグは一定して残らず、確実な修理ができません。

以上の問題等により、業務用としては殆ど採用されてません。
ニシノ独自の「チューブレスト」は
これらの問題を解決しました。

チューブレスト(個人向)は「エーモンブランド」として、
全国有名カーショップ、ホームセンター等で販売されています。
ここからエーモンのホームページへジャンプします。




メールでのお申込・お問い合せ