• Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
punk1-1
punk1-2
punk1-3
punk1-4
punk5

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

タイヤの空気圧

皆さん、タイヤに空気を充填することはご存知かと思います。

でも今乗られている車の適正空気圧はご存知ですか?
空気の充填は自動車工場やガソリンスタンド任せで、ご自分で入れられたことがない方が多いと思います。
そういえば、最後に空気圧の点検を見てもらったのはいつだったろうか?という方も多いかと思います。

タイヤの重要な役割である「荷重支持機能」は、空気圧によって支えられる重量が変わります。
言い換えると、同じタイヤサイズでも空気圧が変わると荷重負荷能力は変化する、ということです。適正空気圧は、タイヤサイズによって決まるのではなく、あるクルマにつけた場合にそのタイヤにどれだけの荷重を負担させるのか、によって決まってきます。クルマ毎に決められており、それを「指定空気圧」と呼んでいます。

「指定空気圧」は運転席ドア開口部など目立つところに記載されていますので、チェックしてみてください。
又、新車装着タイヤ以外のサイズを装着する場合はタイヤ販売店に相談し最適な空気圧に調整されると良いかと思います。

$タイヤ安全のブログ-空気圧シール

空気の分子はゴムの分子よりも小さく、一度入れた空気は徐々に抜けてしまうものです。月に1度は空気圧の点検をしましょう!
※空気は熱で膨脹する性質を持っているので、走行すると空気圧が高くなるため、空気圧のチェックはなるべく走行前に実施します。
※いざというときのためにスペアタイヤの空気圧チェックも忘れないようにしましょう(スペアタイヤは、適正空気圧よりも少し高めにいれておくと、使用時に空気圧が低くて使えないということがなくなります)

空気圧が適正でないと・・・

タイヤの空気圧不良

ここではタイヤのメンテナンスが行き届いていない不良タイヤの危険についてお話したいと思います。

一概にメンテナンス不良のタイヤといっても色々あります。
代表的なものとしては、タイヤの空気圧のメンテナンス不良がダントツで多いようです。
各タイヤメーカーは基本的には毎月一度は空気圧の点検補充を推奨していますが、皆さん、実際にはどのくらいの頻度で空気圧の点検を行われているでしょうか?
タイヤのメンテナンスで空気圧の点検は重要だという認識は殆どの方がお持ちのようなのですが、じゃあ実際、タイヤの空気圧点検補充を行っている方がどのくらいいるかというと全体の半分もいかないのではないでしょうか。

あるタイヤメーカーさんの調査によると・・・

タイヤ安全のブログ-ネンピ
タイヤの空気圧がクルマの燃費を左右するという認知率は9割以上との事ですがご自分のクルマのタイヤの適正空気圧をご存知の方は半分くらいだそうです。
タイヤ安全のブログ-適正空気圧

空気圧が既定圧よりも低い状態で走行を続けていると、燃費が悪くなることはもちろんのこと、
タイヤの偏磨耗やスタンディングウェーブ現象やハイドロプレーニング現象を起こしやすくなり、
最悪の場合タイヤのバーストや事故に直結することも十分考えられます。

※タイヤの空気圧は1ヶ月で約10%位減少します。

月に一度のタイヤノメンテナンスでご自分のタイヤの空気圧点検とエアーの補充は必ず実施されることをお勧めします。

 

タイヤの空気圧チェック

安全で楽しいカーライフのためには、クルマの点検は欠かせません。
特にタイヤは、わずかハガキ4枚程度の面積でクルマを支え、走らせ、また路面のインフォメーションをステアリングを通してドライバーに伝えている、とても重要なパーツです。安全のため、正しいタイヤのメンテナンスが必要です。(空気圧)タイヤのメンテナンスの内、空気圧調整は非常に大事です。
タイヤの重要な役割である「荷重支持機能」は、空気圧によって支えられる重量が変わります。
言い換えると、同じタイヤサイズでも空気圧が変わると荷重負荷能力は変化する、ということです。
適正空気圧は、タイヤサイズによって決まるのではなく、あるクルマにつけた場合にそのタイヤにどれだけの荷重を負担させるのか、によって決まってくるのです。

$タイヤ安全のブログ-空気圧

適正空気圧はカーメーカーにより指定されているので、それに従うのが空気圧管理の基本です。

空気は徐々に抜けてしまうものです。
月に1度は点検しましょう!タイヤの空気圧は自然に低下します。

タイヤのメンテナンスが不十分で、空気圧が不足した状態のタイヤで走行すると、燃費の悪化、ハイドロプレーニング現象、操縦性や安定性の低下、タイヤトレッド部の偏摩耗など、さまざまな悪影響が現れます。

さらには、たわみ運動量が増えてタイヤが異常に高温になり、バーストの危険性もあります。
スペアタイヤも含め、すべてのタイヤの空気圧を定期的にチェックして、常に適正空気圧を保つようにしましょう。
タイヤのメンテナンスで空気圧(スペアタイヤを含む)を確認するときは、エアゲージによる点検・調整を行ってください。
空気圧は、走行前のタイヤが冷えているときに、自動車メーカーの指定する空気圧に調整してください。
走行中は、タイヤの発熱により空気圧が高くなりますが、高くなった分は絶対に抜かないでください。
タイヤが冷えると空気圧は元に戻ります。
空気圧点検後は、バルブからの空気漏れを防ぐため、バルブ口に石鹸水などをつけて空気が漏れていないことを確認の上、必ずバルブキャップをつけてください。
指定空気圧は運転席ドアを開けたところや、車の取扱説明書などに表示されています。