• Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
punk1-1
punk1-2
punk1-3
punk1-4
punk5

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤの起源

『タイヤ』の起源は車輪ですが、それがいつ使われ始めたのか、その事実ははっきりしていないようです。紀元前3000年頃のものとされるチグリス・ユーフラテス川河口地域のシュメール人(現在のイラク人)の遺跡から、車輪のついたソリのような乗り物の壁画が発見されていることや、紀元前.2600年頃のシュメール人の王族の墓から出土した遺品に、四輪馬車(戦車?)が描かれていたことなどから、少なくともそれ以前に発明されていたと考えられています。
ただし、この頃の車輪は、半円状の木の板を継ぎ合わせて酒樽の蓋状にし、その中心に心棒をつけたもののようでした。また、その車輪の外周に動物の皮を被せ、銅の釘で固定したものもあったようです。これが現在のタイヤの原型といってもいいでしょう。

タイヤの安全のブログ-木製タイヤ2

そして、今から約2000年前、ローマ時代になると、ライン川流域のケルト人により、鉄の車輪が使われるようになりました。木製の車輪の外周に鉄の輪を焼き嵌めるという当時としては革新的な手法でした。
以降、約1900年間、ゴム製のタイヤが発明されるまで、この鉄の車輪が使われ続けたことになります。

タイヤの安全のブログ-鉄タイヤ



ゴムタイヤの発明から空気入りタイヤへの進化

「タイヤ」にゴムが使われ始めたのは1867年、今から僅か130年程前からです。
当初はゴムの輪を車輪の外周にとりつけた、いわゆるソリッドタイヤというもの。
1914年の第一次大戦の軍用車もまだ、ソリッドタイヤが使用されており、最高速度は30㎞/h程度、長く走ると熱でゴムが焼け煙が出たとのことです。

今のような『タイヤ』に使われているゴムを発見したのは、あの有名なイタリアの探検家コロンブスで『タイヤ』の歴史を作るための大きな発見であったと言えるでしょう。

現在の空気入りタイヤが生まれたのは1888年、英の獣医ダンロップが息子の自転車タイヤに使ったのがはじめてとされています。

もともとは1845年に 英のR.W.トムソンが空気入り『タイヤ』を発明し、特許を申請していたのですが、それが実用化されることなく、アイデアも忘れ去られていたそうです。
そしてこの空気入りタイヤを自動車に初めて使用したのは、仏のミシュランで約百年前の1895年のパリ ― ボルドー往復(1,179km)の耐久レースでした。
20回以上もパンクしてリタイヤしたが、途中では優勝者の平均速度の2倍半にあたる時速61キロのスピードを出したため、翌年のパリ ― マルセイユ間のレースには大部分の車が空気入りタイヤを装着したと伝えられています。

タイヤ安全のブログ-空気入りタイヤ

 

現代的なタイヤへの進化

1900年代に入り、空気入り『タイヤ』が一般に普及し始めると、より耐久性を高く、寿命を長くしようと、『タイヤ』の技術革新が図られました。

1912年にゴムの添加剤として「カーボンブラック」が使用されるようになりました。
それによって、ゴムの強度・対摩耗性が改善され、『タイヤ』としての耐久性はそれまでの3~4倍になり、寿命も大幅に伸びました。「カーボンブラック」とは、もともと印刷のインクとして使われていたもので、これ以前の『タイヤ』は黒色ではなく、白色または飴色でした。

1908年に米J.F.パーマーが「すだれ織りコード」を発明し、1920年前後に「すだれ織りコード」がタイヤに使用されるようになりました。
『タイヤ』の骨格部分であるカーカスには、それまで平織りの布にゴムを塗布したものが使われていましたが、タテ糸とヨコ糸との交点が擦り切れやすく、『タイヤ』の寿命は2,000~3,000㎞でした。
「すだれ織り状のコード」を使用することで布の繊維同士の摩擦を抑え、コードとコードの間に薄いゴム層を挟むことで耐久性は大幅に向上し、『タイヤ』の寿命は3~4倍に伸びました。

「カーボンブラック」+「すだれ織りコード」の採用で、『タイヤ』の寿命は桁違いに伸びたのです。

タイヤのコードには最初は良質のエジプト綿が使われていましたが、1937年に タイヤコードにレーヨンが使用されはじめました。
この後、1942年にはナイロンが、1962年にはポリエステルが使われるようになり、強度および性能が向上することになります。

そして1947年に米B.F.グッドリッチ社がチューブレスタイヤを発表。
翌年の1948年には仏ミシュラン社がラジアルタイヤを発表。
それまで主流だったバイアスタイヤがタイヤコードを『タイヤ』中心線に対して斜めに互いに交差するように配した構造であったのに対し、ラジアルタイヤは、タイヤコードを円周と直角に配置し、さらに円周にベルトを巻くことで耐久性・性能が強化されました。これにより、『タイヤ』の寿命は倍増したと言われています。

タイヤ安全のブログ-ラジアルタイヤ安全のブログ-バイアス