タイヤの安全ブログ

タイヤの安全ブログ

タイヤの安全ブログについて

「タイヤの安全ブログ」ではなかなか知る機会のないタイヤの安全に関する情報をお伝えしています。
▼タイヤの安全に関するウェブサイト
www.tubelest.co.jp/consumers/

Facebookページ

Twitter

Facebook

《タイヤは車の性能を左右する
      車の重要保安部品です!》

幼少のころより、タイヤに慣れ親しんできた経験を生かし、皆さんの安全運転の一助となればと思い、このブログを始めました。 内容は少々お堅い感じになると思いますが、出来るだけわかりやすい表現に直して書いてまいりますので、車の免許をお持ちの方にご覧いただけると幸甚です。     
管理人:西野達也 


ラジアル

ラジアルタイヤとバイアスタイヤ



ラジアルタイヤとバイアスタイヤ

バイアスタイヤはゴムの繊維(カーカス)を、層ごとにクロスさせて重ねていく構造になっています。

このようにしてタイヤ全体の強度を上げているわけです。
カーカスはタイヤに対して斜めに配置されている事になり、斜めという意味で「バイアス」タイヤと呼ばれています。

 

 

かつてはタイヤと言えばバイアスタイヤだったのですが、今ではラジアルタイヤが広く普及し、こと乗用車用のタイヤとしてはバイアスはまず見なくなりました。
現在でもバイアスタイヤが使われているのは、一部の応急用タイヤ、大型トラック・ダンプ用タイヤ、二輪車用タイヤ、産業機械用タイヤ、などです。

タイヤ安全のブログ-バイアス

 

 

 

ラジアルタイヤはカーカスがトレッド面(地面に接する面)と直角になるようにして作られています。
タイヤを横から見ると、中心から放射状にカーカスが伸びているように見えます。
そのため、放射状という意味の「ラジアル」タイヤと呼ばれています。
このような構造ではタイヤの強度が不足するので、ラジアルタイヤではトレッド面に補強をするためのベルトを入れています。
このベルトは路面からの衝撃が伝わるトレッド面を補強・保護し、またタイヤ全体の構造を支えて形を整える「たが」の役割も担っています。
ラジアルタイヤはこの通りトレッド面の性能重視の構造になっているので、逆に言うとタイヤ側面のサイドウォール部が非常に弱くなっています。
実際に車を運転していて、路肩に寄せる時に縁石でタイヤを擦ったりすると、けっこう簡単にタイヤをダメにしてしまいますので注意が必要です。
自動車においてはラジアルタイヤを採用する事でタイヤのたわみが小さくなり、タイヤ寿命や燃費、運動性能などに良い影響を与えます。

タイヤ安全のブログ-ラジアル

 

 

バイアスタイヤがラジアルタイヤに比べて完全に劣っているわけではありませんが、乗用車用タイヤに求められる性能を考えると、今後はバイアスタイヤの出番はなさそうです。

 

 

タイヤの安全をプロが分かりやすく解説!

<<<こちら

ラジアルタイヤとバイアスタイヤ



こちらも合わせてお読みください

3Tire 2012年04月14日 タイヤの歴史 1
タイヤの知識 2012年05月02日 タイヤの表示
タイヤの知識 2012年04月25日 タイヤの歴史 3
opening 2012年04月13日 タイヤ の 役割

管理人のフィード購読はこちら

google

人気コンテンツ

最近の記事

管理人紹介

幼少のころより、タイヤに慣れ親しんできた経験を生かし、皆さんの安全運転の一助となればと思い、このブログを始めました。 内容は少々お堅い感じになると思いますが、出来るだけわかりやすい表現に直して書いてまいりますので、車の免許をお持ちの方にご覧いただけると幸甚です。     管理人:西野達也 FBアカウント https://www.facebook.com/nishino.1/info

福岡の社長.tv インタビュー動画

おすすめブログ